スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年05月19日 [木]

「孤虫症」真梨幸子

第32回メフィスト賞受賞作品。

まずはこの表紙を触って欲しい。
思わず虫を連想させる小さな粒状の突起が、なんとも気持ち悪い。
特に読了後に敏感な指先で触れると逃げ出したくなるかも。

もちろん、表紙だけでなくストーリーも・・・。
読んでいる途中で何度投げ出したくなったことか。

一見幸せそうな主婦には、妹にもいえない秘密がある。
やがて関係をもった男たちが次々に奇妙な病で死んでいく。
さらには自分も虫に悩まされるようになり・・・。

とにかく虫・虫・虫・・・。
読んでいる自分まで奇妙な感覚に包まれていく感じ。
怖いというよりは気持ち悪いという感覚。

メフィスト賞受賞作品だけあって、
たんなるホラーではなくミステリ要素もある。

気持ちの良い話ではないが、作品としてはなかなか面白い。



孤虫症
真梨 幸子
406212811X

スポンサーサイト

コメント

確かに。

コメント&TBありがとうございました。
期待するようなタイプの作品じゃないけど、
期待しないから楽しめたんですね。(笑)
私もホラーとかはあまり好きではないけれど、
これはふらふらと読んでしまいました。
  • 永遠 
  • URL 
  • 2006年01月23日 22時25分 
  • [編集]

おもしろかったですね。

期待以上にというか、期待しなかったから(?)、とてもおもしろく読めました。ホラーやスプラッターは苦手ですが、この程度に抑えられてると、いい読み物と思えます。
  • すの 
  • URL 
  • 2006年01月22日 10時19分 
  • [編集]

TB、コメントありがとうございます☆
やっぱり気持ちよくないですよねえ~
でもついつい読んでしまう、そんな作品ですね。
  • 永遠 
  • URL 
  • 2005年05月27日 01時02分 
  • [編集]

はじめまして

TB失礼します。
確かに、面白いけど気持ちは良くない話ですねw。
  • bibliophage 
  • URL 
  • 2005年05月26日 23時09分 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://for.blog6.fc2.com/tb.php/99-3563ef45
「孤虫症」真梨幸子(2005)☆☆☆☆★※[913]、国内、現代、ミステリー、ホラー、バイオ、サイコ、メフィスト賞、寄生虫「第32回メフィスト賞はバイオ・サイコ・ホラーだ!!」帯の文句は間違いなし。ミステリーもプラス。ネットでの評判は決して高くない本書。あまりオスス
著者:真梨幸子 第32回メフィスト賞受賞作。携帯サイトで配信されていたもの。 ま
著者:真梨幸子 書名:孤虫症発行:講談社つつがあり度:★★★★☆ 第32回メフィスト賞を受賞した寄生虫サスペンス小説。36歳の私は高層マンションに住み、大手電器会社勤務の夫、成績優秀な娘と暮らしている。幸せな生活を送っているように見える私には秘密がある。別に

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。