スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年04月14日 [木]

映画「コーラス」

かなり期待して観にいきました。
予告だけでも良さそうな作品だったし。

もっと泣かせる映画なのかなあ?なんて思っていたのですが、
ちょっと予想していたのと違う感じでした。

基本的にすごく淡々と話が展開していき、
あまり解説的な感じではないかな。

ストーリーが回想のような形式だからかもしれないですが、
時代背景からそれぞれの人物背景などがあまり描かれていなくて、
ストーリーとして求めるにはちょっと物足りない感が・・・。

個人的には先生の過去とモランジェの背景と、
あとは可愛いペピノや不良少年・モンダンにもうちょっとエピソードが欲しかったかなあ。
って私が欲張りすぎなのかなあ?

では感動できなかったのかというと、そういうわけでもない。
主役であるモランジェ役の少年、ジャン=バティスト・モニエの歌声がとにかく良いのだ!!

この綺麗な歌声を聴いているだけでこの映画を観る価値はあるぞ~といいたくなる。
そのくらい心に残るような、まさに天使の歌声なのです☆

そして少年たちはみんな演技は素人らしい。
その分、とても自然な感じでよかったですね。

中でもかなり良い味を出している可愛らしいペピノ。
演じているマクサンス・ペランは監督の息子さんだとか。

でも大人になってから・・・なんかモランジェより大柄な感じ?
もうちょっと小柄な可愛らしいおじさんが良かったナァ。

あと、最後に窓から手だけを出して必死に振っているシーンは
とても印象的で良かったです☆

淡々としているけれど、その分感動はじんわりとやってきます。
いっぱいケチつけてますが、やっぱり良かった。

この華麗な歌声はぜひ映画館の大きなスクリーンで味わってほしいです♪



↓これはサントラ欲しいかも!

コーラス
サントラ サン・マルク少年少女合唱団

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-02-23
売り上げランキング : 97

おすすめ平均
天使の歌声に感謝!
歌う喜びを高らかに。
4月の封切りがとても楽しみです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スポンサーサイト

コメント

そうですね☆

ありがとうございます。
ホント、シンプルで心に響く映画ですよねぇ☆
  • 永遠 
  • URL 
  • 2005年04月15日 01時24分 
  • [編集]

いい映画でした

静かで過剰な演出がなくいい映画でしたねぇ
  • とりうち 
  • URL 
  • 2005年04月14日 16時53分 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://for.blog6.fc2.com/tb.php/44-42284906
コーラス♪コーラス見ました。悪ガキで荒れた寄宿生を新しい先生が合唱で更生させる。そう、一言で言えば、こんなに王道でありきたりなストーリーなんです。「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョが、真摯なまでに子供たちに立ち向かい、鬼のような校長に負けな
★本日の金言豆★製作のジャック・ぺラン、自ら出演もして息子も出してます。 2004年にフランスで公開されるや、瞬く間に「アメリ」の記録を抜きフランス映画史上空前のヒットを記録し、公開15週で750万人、最終的にはフランス人の7人に1人が観たという、なんだかこの手の映
『コーラス』観てきました心が洗われるような歌声の少年合唱団やボーイソプラノ前評判が高くなければ、おそらくパスしていた作品です。おかげで、久々に、おフランスの映画を観ることができました。 ストーリー的には特に目新しいものではないんだけど、そ
この映画も試写会だったんですけど、試写会の日が16日でサイパンの前日だったんで、次の日朝早いし準備してないし~って事で行くかどうか迷ったんですが、当たった以上行けるなら行かねば!行かないと負けだし!って事で観に行きました。ハガキの写真を見て、どこの国の映
  • 欧風
  • 2005年04月19日 19時28分
 “譜面台”と呼ばれた生徒・・・友達は歌っているのに自分はずっと譜面持ち。その後の彼の人生がどんな風だったのか無性に知りたくなった。 世界的指揮者モランジュ(ジャック・ペラン)とペピノが50年ぶりの再会を果たし、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)の日記を
 涙がながれそうなとき、歌があった■監督 クリストフ・バラティエ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン 世界的指揮者のピエール(ジャック
『コーラス』公式サイト『コーラス』を上映している映画館は?『コーラス』ジャン=バティスト・モニエ少年独占インタビュー - FLiXムービーサイトフランスで『アメリ』の観客動員数を塗り替え870万人以上を動員というもの凄い記録を打ち立てた感動作『コーラス』。サウンド
岡山では最新でも、全国ではちょっぴり新しい最新映画の話し 話しは1949年フランスの片田舎にある親の無い子供や、育てられずに預けられた子供、素行の悪い子供を寄宿舎で教えている学校〝池の底〟に失業中の音楽教師クレマン・マチューはやってきた。子供たちは親
『コーラス』 公式サイト サウンドトラック  製作:ジャック・ペラン監督・脚本・音楽:クリストフ・バラティエ出演:ジェラール・ジュニョ フランソワ・ベルレアン ジャン=バティスト・モニエ ジャック・ペラン 【あらすじ】(公式

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。