スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月25日 [火]

「ナラタージュ」島本理生

あまり期待していなかったけれど、
人気らしく次々に周りで読む人が。
しかも良かったよ~となかなか好評なので読んでみることに。

最初はどんな話かも分からず、
なんとなくどこか現実感の乏しい
幻想的な映画のようだなぁ~と思いながら読み始める。

ナラタージュというタイトルの通り、
主人公が学生の頃を回想する様子が、
少しずつ物語へと誘っていく。

そしていつしかどっぷりとその雰囲気に
惹きこまれている自分に気がつくのだ。

どこか創りすぎている気がしなくもないけれど、
この雰囲気がすごく好きだなぁ~と思う。

激しい気持ちを押し殺しているような淡々としたストーリー展開が、
いつの間にか、ただ読んでいただけのはずが
感情移入してしまうような、そんな感覚を覚える。

読み終えてもその余韻をいつまでも楽しみたくなるような感覚。

普段恋愛小説を読みなれていない人の方が、
案外その魅力に惹かれてしまう作品かもしれません。



ナラタージュ
島本 理生
404873590X

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。