スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月06日 [月]

「死体まわりのビジネス」アラン・エミンズ / 薮中久美子 訳

副題「実録●犯罪現場清掃会社」

食事中は読まない方がいいよ…との忠告付きで
教えてくれた本。

血まみれの死体現場。
それを清掃する会社を興した一人の男の話。

「殺人から自殺、事故死まで」
というメッセージを掲げた会社のトラック。

死は必ず訪れる。
どんな死に方を選ぼうが、血糊や飛び散った脳みそで
どんなに現場を汚そうが、その後片付けをするのだ。

散弾銃自殺、頭蓋骨が散乱した無理心中、
腐乱死体、ゴミ屋敷の死体、交通事故死などなど
いろいろな現場の紹介。

中でも激しいのは何回かに分けて紹介され、
その後もまだ裁判が続いているという事件。

うじ虫とハエで真っ黒になるほど埋め尽くされていたという
浴槽の中の腐乱死体。

さすがに読みながら目をそらしたくなるような
凄惨な現場、といった感じ。

しかし、本を読んでいて感じたのは
むしろこの会社を興したニールという一人の男のあり方。

いつも問題なく仕事が済んだわけではない。
時には、原因不明の病気に感染し、
何も食べることができずに14キロも体重が減ったこともあるという。

それでも、仕事に対する真剣さは変わらない。
どんな現場でも割り切って仕事をし、
徹底的に始末をするというその熱心な仕事振りには、
むしろ感心してしまう。

誰にでもオススメできる内容ではないが、
もし興味がある方には、なかなか悪くない一冊だと思う。



死体まわりのビジネス-実録●犯罪現場清掃会社
アラン・エミンズ 藪中 久美子
4901784749

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。