スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月06日 [木]

「弥勒の掌」我孫子武丸

久々に読んだ著者の作品。

ちょうど積読本が多い時期だったので、
少し出遅れてようやく読みました。

出遅れでも読んでよかった~というのが率直な感想。
さすが、やってくれるなあという感じ。

<救いの御手>という新興宗教団体を中心に出会った教師と刑事。

高校教師の辻は失踪した妻の行方を追い求めて宗教団体にたどり着き、
刑事の蛯原は妻を殺され、
その事件を追ううちに同じ場所へたどり着く。

話は教師の視点と刑事の視点で進んでいき、
少しずつ絡み合っていく。

その作風は折原一を思わせる叙述ミステリーで、
衝撃のラストはやり過ぎの一歩手前、といったところ。

この結果をすんなり受け入れられる人には、
ぜひオススメしたい一冊。



弥勒の掌
我孫子 武丸
4163238107

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。