スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月11日 [土]

「黙過の代償」森山赳志

第33回メフィスト賞受賞作品。

個人的にメフィスト賞受賞作品は気に入った作品が多いので、
比較的チェックすることが多い。

そして33回目がコレなのだが、
なにやら宣伝がすごい。

デビュー作でいきなり韓国翻訳版も同時刊行とか、
国際派ハードボイルドサスペンス決定版!とか。
いろんなところでこの本の紹介やら
作者のインタビューみたいなのやら、見かけるのだ。

しかしなぁ~ちょっとやりすぎでは?などと思ってみたり。

日韓がテーマで、社会性と娯楽性の両立を目指したとか、
個人的には思わずチェックしてしまいたくなる項目が
列挙されているのだが、やっぱり大げさな印象。

そして問題の物語は…というと、案の定というべきか、
ちょっと中途半端な感じがする。

面白いけど、話にかなり無理があると言うか。
いきなり大統領とか言われてもなぁ~などと思ってしまう。

テーマ性は結構面白いと思うんですがねぇ~。
どうなんでしょう?そこんところ。

これがかなりの力作なのはわかるけれど、
もう何作か書いて、もうすこし物語が自然な流れになってくれると、
もっと面白くて読みやすい作品が出来上がるのかもしれないなぁ。



黙過の代償
森山 赳志
4061824627

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。