スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年01月05日 [木]

「消された一家」豊田正義

副題「北九州・連続監禁殺人事件」

あまりに衝撃的で、事件発覚当初かなり注目していたが、
本書を読んで、その残酷さにますます驚く。

実際の事件だとわかっていても、
思わずフィクションなのではないかと戸惑う、
いや、フィクションであって欲しいと願うばかり。

虐待や殺害及び解体の手順など
その残虐性に、目を背けたくなる部分も多く、
また人間がここまで変わっていくものなのか…
と恐怖を感じる。

松永太は、最初は人当たりが良く、
周囲の人間を次々に巻き込んでいく。
その一方で、人間のすることとは思えない残酷な仕打ちを
自分の手をできる限り汚さずにやってのける。

普通なら罪の意識を感じるはずのところを、
これほど過激な事件を起こしておきながら
大半の容疑を否認し続けるという二面性に、
もう少し松永の子どもの頃の様子などを知りたいとも思う。

最も、限りなく人間の尊厳を破壊し、拘束し、
これほど人を痛めつけてきて平然としていられる感覚は、
どんな作品に仕上げても理解できるものではないだろうが…。



消された一家―北九州・連続監禁殺人事件
豊田 正義
4103005114

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。