スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月16日 [金]

「定刻発車」水戸祐子

副題「日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?」

電車が2~3分遅れるだけで腹を立てる日本人。

しかし日本ほど時間が正確な鉄道はないという。
世界的にみると、10分~15分の遅れは当たり前、
さらには1時間~2時間の遅れすら当たり前のところも
普通にあるという。

なぜ日本の鉄道は正確なのだろうか?

本書では大きく分けて3部構成で
正確さの起源を手繰る鉄道の歴史、
定時運転を支える巨大システムの仕組み、
そしてこれからの鉄道のあり方、
などが紹介されている。

そこには驚くべき事実や
思わず感心してしまうほどのシステムが
存在している。

常に速度、時間、距離を計算しながら、
秒単位で運行している運転技術。

天皇陛下が乗車する「お召し列車」では
駅への停車時間は定刻のプラスマイナス5秒以内、
停車位置はプラスマイナス1cm以内の許容しかないという。

随分厳しいように思えるが、
通常でも、誰でもほぼこの範囲内で運転しているという。

他にも世界の鉄道事情との比較や
今後の鉄道がどうあるべきかということなど、
とても興味深く読んだ。

東京駅ではたった2本の発着線で一日に217本もの列車を
発着させなければならないという。

なるほど、多少遅れてもさほど影響のない世界の鉄道と違い、
日本で1本の列車が遅れるとほかの列車への影響力が大きいはずだ。

これほど日常生活に密着している日本の鉄道事情。
ぜひ一度、この本を読んで考えていただきたいと思う。







↓文庫版。

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸 祐子
4101183414


↓2001年出版のもの

定刻発車―日本社会に刷り込まれた鉄道のリズム
三戸 祐子
4330683016

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。