スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月23日 [水]

「摘出」霧村悠康

副題「つくられた癌」

2年目の研修医である本木は、
手術中に右の乳癌を左と間違えるという重大なミスを犯す。

執刀医の高木教授は
仕方なく両方の乳房を切り、
左にも乳癌が見つかったことにしてしまう。

その後の病理診断の結果で、
左にもごく微小の癌があることがわかり、
ミスが一転、功績に変わる。

しかしそれは巧妙に仕組まれた罠だった。

はっきり言って恐ろしい。
これが小説だったと安心できるかと言うと、
必ずしもそうとはいえないあたりが…。

仕方がないから癌だったことにしよう…だなんて、
冗談でも言って欲しくない。

人間にミスをするなと言うのは難しいかもしれないが、
やはり単純ミスは許せないかと。

文章の良し悪しはともかく、
本の厚さの割りには読みやすく、さらりと読める。
また現役の医者が書いたと言うこともあってか、
リアルで、生々しさを感じる。



摘出―つくられた癌
霧村 悠康
4797461268

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。