スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月24日 [木]

「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎

会社に入って、真面目に生きても無駄だと悟った高木は
詐欺師になり、カード詐欺で日銭を稼いでいたが、
そろそろ一攫千金、大金を稼ぎたいと考える。

そんな折に、詐欺を働こうとしていた先で、
別の女詐欺師が待ち構えていた。

その場はなんとか逃げ切り、
新たに浮かんだのは手下の園部が言い出した犬の誘拐。

ところがなんと誘拐を計画した家にはあの女詐欺師・菜摘子が。
協力するから半分稼ぎを分けろ…という菜摘子に
しぶしぶ承諾せざるを得ない二人。

かくして三人の誘拐計画がスタートするが、
話はどんどん違う方向へ…。

読んでいてとにかく楽しい。
あれよあれよと計画が変わっていくのも面白いが、
なんといってもキャラが魅力的。

深く考えずにただ楽しめるので
気軽に手にとっていただきたい。




悪党たちは千里を走る
貫井 徳郎
4334924689

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

貫井 徳郎 プリズム 小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。傍らには彼女の命を奪ったと思われるアンティーク時計が転がっていた。事故の線も考えられたが、状況は殺人を物語っていた。ガラス切りを使って外された窓の鍵、睡眠薬が混入された箱詰めのチ

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。