スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月26日 [水]

「サウスバウンド」奥田英朗

元過激派の父を持つ、小学生の二郎。
型破りな父に振り回される二郎たちを見ていると、
なんだか読んでいる自分まで振り回されている感じ。

無茶なんだけれど、なぜか憎めない。
そんな魅力があって、
ついつい惹きこまれてしまう。

第二部では舞台が沖縄の西表島に移動し、
自然の中での生活。

権力を嫌い、自分の信念で動く。
極端だけれど、読んでいるとなんとなく気持ちいい。

読了感も良く、なかなかオススメかも。



サウス・バウンド
奥田 英朗
4048736116

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

サウス・バウンド 「サウス・バウンド」奥田英朗(著)「空中ブランコ」、「イン・ザ・プール」、「ララピポ」奥田氏の作品を読んできたが、いずれも連作短編。今回、はじめて長編新作を手に取りました。二部構成、500ページを超えるボリュームだが、無

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。