スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年01月03日 [火]

「ブレンダと呼ばれた少年」ジョン・コラピント / 村井智之 訳

副題「性が歪められた時、何が起きたのか」

以前から気になっていた作品。
新たに再刊されたので、これを機会に読んでみる。

生後八ヶ月で手術の失敗により
ペニスを失ったブルース。

そして専門家たちの出した答えは、
性転換し、ブルースを女の子・ブレンダとして育てると言うもの。

ブルースにはブライアンという一卵性の双子の弟がいた。

男女の性別の意識は生まれる前から決まっているのか、
それとも生まれてから決まるのか。

専門家たちにとっては自分たちの研究の理想的な対象になった。

女の子らしさの強制。過激な性教育。
それはあまりにも悲しい、生体実験にすぎない。

そして伝えられた真実。

怒り、疑い、驚き。
そのショックは想像を絶する。

それからブレンダはデイヴィッドと名前を変え、
再び男として生活することになる。

結婚をし、静穏な生活を取り戻したかに見えるが、
結局デイヴィッドも弟のブライアンも
その後、自殺をしているという。

さまざま理由があるだろうが、
子どものときに受けた治療と称する残酷な処置が
影響を与えていることは否定できないだろう。

二度とこのような悲劇が繰り返されないことを祈ります。



↓こちらのタイプで読了。

ブレンダと呼ばれた少年
ジョン・コラピント
4594049583


↓以前出版されたもの。

ブレンダと呼ばれた少年―ジョンズ・ホプキンス病院で何が起きたのか
ジョン コラピント John Colapinto 村井 智之
4895859371

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。