スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年04月05日 [火]

映画「ロング・エンゲージメント」

楽しみだったこの作品、早速観て来ました☆
が、予告で勝手にイメージしていたのとちょっと違いました。

愛のミステリー!?とやらはいいのですが、やっぱり戦争モノということで、
結構残酷なシーンが多いなあ~と思いました。
逆に言えば戦争の無意味さみたいなものを強く
表現しているということで、意味のある映画なのだと思うのですが、
個人的には映画はエンターテイメントであって欲しいのです。
そんなわけで期待していた感じではなかったかなあ・・・。

この作品、もともとミステリー小説だそうですねえ。
(原作:「長い日曜日」セバスチャン・ジャプリゾ)
そんなわけで、恋愛モノというよりはやっぱりミステリーという感じでしょうか?
遺品を届けながら行方を探っていくという、
謎解きスタイルで進んでいく手法はなかなか面白いですね☆



ロング・エンゲージメント
サントラ

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-03-09
売り上げランキング : 14,884

おすすめ平均
走る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://for.blog6.fc2.com/tb.php/26-69c57861
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター評価:91点(100点満点)完璧な映像美に圧倒される2時間13分。愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。アメリの不思議な感....
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
4/9 丸の内ピカデリーにて凝った映像でつづられた戦争大河メロドラマ。日本の昼メロTVだったら半年ぐらいは引っ張ってしまう内容でしょうね。監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、ジャン=ピエール・ベッケル、
偶然にも今日は2本ともおフランスの映画っす。というわけで、2本目は「ロング・エンゲージメント」を見てきた。ストーリーは戦死を知らされた婚約者が生きていると直感で感じたマチルダは小さな手がかりを元に親の遺産を使って探偵を雇い、真実を求めて調査していく。まあ、
予告編では、わりと「純愛モノ」っぽく描かれていますが、実際は、ロマンスと戦争とミステリーをミックスしたような作品でした。ロマンスの部分は、マチルドとマネクの子供時代の描写など、とてもほほえましかったし、セピア色の映像美を十分に堪能することができました。戦
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。 戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現して

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。