スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月11日 [火]

「容疑者Xの献身」東野圭吾

極上のミステリーでありながら、
最高の純愛物語でもある。

今まで数々の素晴らしい作品を書いてきた著者の中でも
お気に入りの一冊。

そんなほめ言葉をいっぱい並べてしまいたくなるのがこの本。

最初は何も知らずに読み始めて、
これが湯川シリーズだと分かる。

気軽に読める一冊かなぁ?
そんな軽い気持ちで読み進めていたのだけど、
ものすごく衝撃を受けました。

彼の深い愛に気がついたとき、
一気にミステリーから純愛物語へと変貌する。

正直トリックには早い段階から違和感を抱いていて、
トリックに驚いたというよりは、(いや驚いたけど)
やはり愛の深さにやられた!という感じ。

これほど計算された犯罪、石神はもちろんだが、
それを見抜く湯川がいなかったら完成しないかもしれない。

真相に気がついた湯川が、それを明らかにすることに躊躇する様子に、
不思議に思いながら読んでいたけれど…これならば納得。
ある意味、湯川先生にも惚れ直してしまいました。

普段ミステリーを読まない人にまで思わずオススメしてしまった自分。
それくらい、多くの人に読んで欲しい作品。





容疑者Xの献身
東野 圭吾
4163238603

スポンサーサイト

コメント

ですよね☆

TB、コメントありがとうございました。
この作品の「献身」も見事ですが、
「献身」を最高の表現で作品にした著者も
やっぱり見事だなぁと思いました。
  • 永遠 
  • URL 
  • 2006年01月07日 21時42分 
  • [編集]

これ、泣けますよね?

初めまして、TBさせていただきました。

この作品の『献身』は本当に凄いですね。
自分だったら此処まで出来ません。
愛って人間を此処まで突き動かすんですね…。
  • 安倍辰麿 
  • URL 
  • 2006年01月07日 16時49分 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

遅ればせながら読みました。直木賞受賞作。どうも私は一人の作家だけを集中して読むということができない性分で、東野圭吾も昨年の夏に【時生】を読んだきりでした。根が欲張りなので、「あの作家を読まねば」「この作家も読みたい」と気持ちが分散してしまうので....
第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。 絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、「袋小路の....
容疑者Xの献身 東野圭吾『このミステリーが凄い!(以下このミス)』という雑誌が、毎年の暮れに出版されるのをご存知でしょうか?これは、一般読者の方のアンケートを集計して、最も反響が多かった作品、及び売上部数の多い作品をランキング形式で紹介する雑誌です。2005
容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Toolsネタバレあり!でもラストだけは言わない!高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を見に、彼女の働くお弁当屋さんに、弁当を買いに行くのが日課です。ある夜、石神は、靖子と娘の美

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。