スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年04月03日 [日]

「クールス」高橋美夕紀

平凡なOL、サエが好きになった相手は、女性だった。

セクシュアルマイノリティーの世界を
サエがレズビアン仲間と結成したソフトボールチーム
「クールス」のメンバーを中心に描いています。

クールス(KOOLS)というチーム名には、
「KOOL」=「Kiss Only One Lady」という意味があります。

セクシュアル関係の本でもレズビアンの世界を描いた作品って
案外少ないのでは?と思ったのですが、
私が知らないだけでしょうか?

この作品では彼女たちが経験するさまざまな問題を
ソフトボールを通じて描いているので、
難しく考えずに気軽に読めるかなあと。

はじめのうちは、こういう世界もあるのだなあ~
という気持ちで読んでいたのですが、
最後の方は結構良いことを書いていました。

どうしても生じる、カミングアウトの問題。
親や仲の良かった友達に気持ち悪いと言われてしまうことも。
さらには同じセクシャルマイノリティの中でも
偏見は多く存在する。

たとえば、
レズビアンの女の子の台詞で、
「バイセクシャルって、中途半端でムカツク。」
というもの。
女がだめなら男という逃げ道を用意してるだけじゃないか・・・と。

そこで出てきたこの台詞。
「それって、きっと、自分の知らないものに対する恐怖心なんだって」
「理解できないって、悩むよりも、『自分の知らないことはたくさんある。
そういうこともあるんだな』って思うことが大事なんじゃないかな」

これってセクシュアル問題に限らず、
すべてのことにおいていえるのではないでしょうか?

自分の知らないことを受け入れるって
とても大切なことですよね?

この作品、すでに映画化が決定しているそうです。
今は出演者を募集中だとか。
映画が出来たら、ちょっと観てみたいなあと思いました。



クールス
高橋 美夕紀
4062127954

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://for.blog6.fc2.com/tb.php/22-fe011b23

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。