スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月11日 [木]

「魂萌え!」桐野夏生

主人公は59歳の女性、敏子。
夫、隆之が突然の心臓麻痺で倒れてそのまま帰らぬ人となる。

その日から平凡な主婦だった敏子の生活が少しずつ変化する。
遺産問題、親子問題、さらには夫の浮気が発覚し、夫の愛人が現れる。

今まで当たり前のようにいた夫の存在がなくなり、
これから一人で生きていかなければならないという孤独感。

そんな中、カプセルホテルに泊まってみたり、恋愛をしてみたり、
少しずつ新しいことにチャレンジしていく様子は、
第二の青春といった感じ。

実際の周りの人を見ていても、
この世代の方はとてもバイタリティがあると思う。

少しずつ近づいてくる老い、そして孤独。
そこに立ち向かっていく一つの人生の節目であるこの世代を描いたこの作品。

今までの著者の作品とは雰囲気が違うけれど、
とても面白く、読み応えもある。
そしてどこかしら希望を感じさせてくれる作品でもあり、読了感も良かった。



魂萌え !
桐野 夏生
4620106909


スポンサーサイト

コメント

コメント&TBありがとうございます。
確かに、女性の描き方が見事ですよね。
私も読みながら敏子さんを応援していましたよ~☆
  • 永遠 
  • URL 
  • 2005年09月29日 22時51分 
  • [編集]

すみません、なぜかTBが許可されていないと表示されちゃうなー(涙)

私も桐野さんの本、大好きです。女をしっかり描いてくれますよね。えぐるほどに。でも、この本は、何だか自分の母親を重ねるところもあって、ついつい敏子さんを応援してしまいました。トラックバックさせてください。

ありがとうございます。
これからもいろんな本を紹介していくつもりですので、
ぜひお立ち寄りくださいね☆
  • 永遠 
  • URL 
  • 2005年08月24日 01時06分 
  • [編集]

ども

COCO2です。本のセレクトが小説だけではなくて、新鮮に感じました。またお邪魔します…
  • COCO2 
  • URL 
  • 2005年08月23日 00時08分 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

第5回婦人公論文芸賞は、桐野夏生さんの「魂萌え !」に決まりました。魂萌え !桐野 夏生 毎日新聞社 (2005/04/21)売り上げランキング: 418おすすめ度の平均: 50代以降の人に勇気と感動を 一つの道標に成るかも! 読んだ後自分も強い女になれる!Amazon.co.jp で詳細を...
魂萌え !桐野 夏生 毎日新聞社 2005-04-21by G-Tools関口敏子、59歳、専業主婦。夫婦2人で建てた家もある。貯金もある。年金ももらえる。贅沢さえしなければ、夫と2人で平穏な老後を送れると思っていた。でも、夫が心臓麻痺で急死し、彼女は突然世間の荒波に放り出され
実は、あたしも最近なのよ、開き直ったのは。こんな派手な服を着てみたり、赤い口紅付

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。