スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月25日 [月]

「問題な日本語」北原保雄 編

副題「どこがおかしい?何がおかしい?」

最近正しい日本語の使い方の本がたくさん出ている。
それほど注目されるようになったのは、
日本語が崩れているなあ…と感じる人が増えたからかもしれない。

まえがきにもあるのだが、この本はただ
「この使い方は正しい、間違っている」
というだけではない。
なぜそういう表現が生まれてきたのか、
誤用だとしても、その誤用が生まれてくる論理は何か、
そんなところまで究明している。

お店の注文でよく使われる、
「こちら~になります」
「よろしかったでしょうか」

若者に多い
「っていうか」
「みたいな」
「これってどうよ」

などなどいろんな言葉をピックアップ。
それ以外に、ついつい迷ってしまう言葉を紹介する「使うのはどっち?」
それから途中のマンガも分かりやすくて、面白い。

そもそも言葉とは変化するもの。

絶対的にこれは正しい、これは間違い、ではなくて
今は間違いでも、いつかそれが正しいとされるときがくるかもしれない。

そんな言葉の奥深さを知ることができるのが、
こういった本の面白さかもしれない。



問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
北原 保雄
4469221686

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

MMP(メディカルマネジメントパートナーズのすずたけです最近人気のブログはコチラ先日、日経新聞の記事の中でとりあげられていた気になる言葉づかいのランキングについてご紹介させていただきました。だいぶ前に発売された本なのですが、今回のこの記事...
話題書「問題な日本語」から気になったものをピックアップして語ってます☆ぜひ聴いてみてください♪(※ボイスブログです)
著者:北原保雄 編 書名:問題な日本語発行:大修館書店パイオニア度:★★★★☆明鏡国語辞典の編集者たちが、高校国語教師の「気になる日本語」アンケートを元に、それらを解説した本。2004年12月初版で、いまだに平積みにしている本屋あり。類書多数。今さら解説も何なの

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。