スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月20日 [水]

「ゴーレムの檻」柄刀一

副題「三月宇佐見のお茶の会」

パッと見た瞬間から気になる要素がたくさんのこの本。
まず帯というか、カバーというかの文句。

「神に見捨てられた牢獄で、
こんなにも君は美しい」

なんとも心くすぐる言葉だ。

そして副題から連想させるアリスの世界。
さらにM.C.エッシャーの絵画やシュレディンガーの猫。

私の気になる部分が多くて、ついつい手にとってしまう。
でもどうやらシリーズ第2弾らしい。

内容は連作短編集。
*エッシャー世界
*シュレディンガーDOOR
*見えない人、宇佐見風
*ゴーレムの檻
*太陽殿のイシス(ゴーレムの檻 現代版)

の全5話。

ミステリーとしてはどうなんでしょう?
ちょっとSF的で、ファンタジーな要素もあるような。

ちょっと私にはわかりにくい部分もあったのだが、
宇佐見博士のキャラが良くてなんとも惹かれる。

個人的には表題作が面白かったかな。
なかなか独創的な世界が描かれたこの作品、
前作「アリア系銀河鉄道」も気になるところ。



ゴーレムの檻
柄刀 一
4334076068



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。