スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月14日 [木]

「姑獲鳥の夏 上下」京極夏彦

分冊文庫版。シリーズ1作目。

「姑獲鳥の夏」がついに映画化!
で、その前に読みたいと思っていたところ、
なにやら分厚い本ばかりの中
こちらもついに分冊文庫版なるものが登場。

シリーズの中では薄い方ですが、
やっぱり1冊だと結構な厚さ。
上下巻に分けてしまうと、結構どこにでもありそうな感じ。
それはそれでちょっと寂しい感じもするのですが、
持ち運びをして読むにはなかなか便利。

さてさてこの作品。
以前にも一応読んでいるのですが、
薀蓄部分をちょっと読み飛ばしてしまった覚えが・・・。
なので今回はじっくり読んでみる。

で、やっぱり面白い!と結論。
個性的で魅力あるキャラも良いですが、
なるほど、この薀蓄が大切なのね~なんて思ってみたり。

言葉にするのが難しい概念的なものを
あえて言葉にしてみたという印象。
それゆえに分かりにくいと投げ出してしまいたくなる部分もあるのですが、
じっくり読んでみると思わず感心してしまう。

分冊版で読むとあまり厚さを気にしなくてすむので、
あの分厚さに躊躇している方には、
分冊版で挑戦してみると良いかも。

一度この世界の魅力に気がついてしまったら
あとは分厚い本でも読めるのではないかなぁ~。

ひとまずシリーズの次作も分冊版で出ているので、
そちらも読んでみます。



分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上
京極 夏彦
4062750457



分冊文庫版 姑獲鳥の夏 下
京極 夏彦
4062750465


スポンサーサイト

コメント

そうでしたか。
2作目は分冊版だと3冊。
分厚いはずですよね~。(笑)
  • 永遠 
  • URL 
  • 2005年07月26日 22時07分 
  • [編集]

チャレンジ

私はよく知らなくて、姑獲鳥の夏は買ったのがたまたま分冊でした。2作目は分厚い奴にチャレンジしましたよ!読み応えありまくり(笑)
  • ぐ~ 
  • URL 
  • 2005年07月25日 21時58分 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

作品:姑獲鳥の夏 上・下著者:京極 夏彦初版:2005年4月(分冊文庫版)京極夏彦さんの本、怖そうだったので今まで読んだことがありませんでした。でも映画の予告を見て、”怖そうだけどおもしろそう”と思い、早速買って読んでみました。怖かったし、ちょっとむずかしかっ
京極堂シリーズ・・・これまでも何度も耳にし、目にしてきたことも確かなのだけど、この度、映画化されるにあたって初めてシリーズ第一作目を読むことにした。ちょうどいい機会である。映画版の劇場公開中に、予定通り原作を読了できたなら、必ずや劇場に足を運び、
姑獲鳥って読めますか?僕が最初にこの言葉を知ったのは1999年でした。【うぶめのなつ】・・・・アナタがこのタイトルの本を友人からイキナリ勧められて、果たしてアナタは読みますか?それも、軽く読み始めるには重厚過ぎる本の幅。 ・・・僕は断りましたよ、もち
いよいよ、来週16日(土)から映画『姑獲鳥(うぶめ)の夏』の封切りです。そう、「この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口君」とゆう、主人公 京極堂の言葉が宣伝文句に使われているアレです。『姑獲鳥の夏』は、今や大人気の直木賞作家 京極 夏彦のデビュー作

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。