スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年07月09日 [土]

「患者さんゴメンナサイ」茨木保

副題「医者ってどーなってるの!?日誌」

産婦人科医で、漫画家である著者の漫画&エッセイ。

手塚先生にあこがれて漫画を描いているうちに医者になってしまった・・・
という著者。
えっ!そんな簡単に医者になっちゃうのか?(笑)

医者になるまでの医学生や研修医時代の様子、
そして医者になってからの出来事。

普通の人にとってはついつい医者を特別な存在にしてしまいがち。
医者ってやつはズバリこんな奴らなんだ!
とストレートに描いているこの本はなかなか面白い。

医者や大学病院がどういうものなのか、
わかりやすく漫画で紹介してくれます。

そして最近結構人気になっている医学漫画についても一言あり。
「Dr.コトー診療所」の監修をした著者の意見。
こちらもなるほど納得。

人はみんなどこかで医者や病院と関係があるもの。
実際の医者や病院がどんなものか、ちょっと知ってみるのも大切かも。



患者さんゴメンナサイ 医者ってどーなってるの!?日誌
茨木 保
4569640141

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

著者は『Dr.コトー診療所』の監修をしている産婦人科医。男性、しかも医者の書いたコミックエッセイはめずらしいですね。普段、歯医者や眼科くらいにしか縁がないので、病院行くのが怖くなったりもします。だからといって無関心ではいられません。知らない間に医療費負担

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。