スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年05月30日 [月]

「天国で君に逢えたら」飯島夏樹

「ガンに生かされて」を書いた著者のベストセラーとなった小説。

がんセンターで精神科レジデントとして働く、野々上純一。
患者さんの心の調査をするため、手紙代筆屋をしている。
そこで知った患者たちの想いとは。

末期ガンに襲われた世界的プロサーファーが、
病の波間を漂う日々から紡ぐラブストーリー。

これは小説だが、著者自身が余命宣告を受けてから書き始めた物語。
それだけに、そこから生まれだした「患者としての気持ち」は心に響く。

深刻で、重くなりがちな「死」というテーマを
ユーモアを交えながら描いていて、悲しいけれども爽やかな印象の物語。

手紙代筆屋というのも面白いなあ・・・
なんてことも考えつつ、読みました。

残された時間をどう生きるか、
生きていくうえで大切なこととは?

この本を読んでじっくり考えてみるのも良いのではないでしょうか?

著者のエッセイ、「ガンに生かされて」も合わせてオススメします☆



天国で君に逢えたら
飯島 夏樹
4104694010

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

飯島 夏樹 天国で君に逢えたら 先に裏表紙を読んでから、本編読めばよかったかも。と、後悔したけど、時すでに遅し。「1966年、東京都生まれ。日本で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウィンドサーファー(中略)2002年6月、肝細胞ガンと診断
こちらの小説をつい最近購入しました♪この小説は今年の3月ごろに特別番組でも放送されたみたいでかなり有名な小説だと聞いたので、ついつい購入。。まだ読み始めてませんが、有名な小説なので貴方も読んでみては?中身読んでないので詳しい内容は分かりませんが

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。