スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年05月25日 [水]

「9年間、コンビニで見た日本人」徐明成

副題「悪魔のような日本人・天使のような日本人」

韓国から日本に留学してきて、バイト・店長・オーナーとして
コンビニで働きながら見てきた日本人の人間模様。

そこにあるのは親や大人が子供達をだめにしていく現実。

その現実を知ってほしい…。
日本のお母さん達へのメッセージ。

かなり驚きました、あまりにもひどい現実に。

普段コンビニはほとんど利用しないのだが、
どこもこんな状態なのか?

子供たちの態度も目に余るのだが、それ以上に大人たちの態度に絶句。
近頃は常識というものは存在しないのか?

けっして自分自身が完璧なわけではないし、
反省すべき点もたくさんあるけれど、それにしてもひどい。

そしてその現実を実際に目にしたところで、
なかなか注意することができないで、あきらめてしまっている日本人。

なるほど、これではまともな子供に育つのは難しいかもしれない。
それでも親がしっかりしていると、子供もしっかりしている。

周りの大人が正しいことをする。
それがこれからを担う子供たちへの希望につながるのだ。

同じ内容でも日本人なら「アホな客」として諦めてしまうが、
この著者は日本という国を責める気はないが、
もうちょっと注意してみようと呼びかける。

これも国民性の違いなのかもしれないなあ。



9年間、コンビニで見た日本人―悪魔のような日本人・天使のような日本人
徐 明成
4434060287

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。