アーカイブモード [2005年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「僕の妻はエイリアン」泉流星

副題「『高機能自閉症』との不思議な結婚生活」高機能自閉症…、自閉症の特徴持ちつつ、知的障害はなく、言語能力が高い…というような人。そんな高機能自閉症の妻の日常。一見普通に見えるし、言語能力も高いとなると、何も問題がなさそうだけど、生活をしているとどこかあれ?っと違和感を感じる。そんな感じでしょうか?本人は至って真面目なんだろうけれど、その個性的な行動の数々には、ついつい笑ってしまう。ついつい苛立って...

「すべて忘れてしまえるように」ザビーヌ・ダルデンヌ / 松本百合子 訳

副題「少女監禁レイプ殺人犯と暮らした80日間」1996年当時、12歳だった著者はベルギーの小さな町で、学校に向かう途中見知らぬ男に突然車で連れ去られ、そのまま監禁された。幅99センチ奥行き2メートル34センチの壁に囲まれた不潔な地下の穴蔵。与えられるのは腐りかけの牛乳やカビの生えたパン、冷たいままの缶詰など。しかも犯人はでたらめで著者をだまし、洗脳する。まるで自分は犯人どころか、救世主のように。80日後、6日前か...

「天に還る舟」島田荘司・小島正樹

島田荘司の作品?と思いきや、なにやら連名でしたね。弟子の小島氏に島田氏がいろいろアドバイスした…という感じらしい。昔はいろいろ本格ミステリも読んでいましたが、最近はあまり読んでいなかったので、久々に大掛かりなトリックのある作品に触れたかも。そんなわけで、トリックはすごいけれど、正直自分の頭がついて行っていなかったと言うか…。そもそも近頃の読書傾向がノンフィクションに偏っているので、考え抜かれたトリッ...

「ロー・ファーム 法律事務所 上下」 パク・イェラン 脚本 / 佐野晶 著

ソン・スンホン主演ドラマのノベライズ。「世の中法律だけがすべてではない」と信じている変わりダネの若手弁護士、ジョン・ヨンウン。この熱血弁護士役がソン・スンホンということで、イメージが浮かびやすく、すんなり馴染む。(笑)ヨンウンが立ち上げたロー・ファームに集まったのは有能・冷徹で金銭第一主義なチェ・ジャングン(ソ・ジソプ)やら30代半ばでようやく司法試験に合格したお人よしのハン・トンニョン(ビョン・ウミ...

「走れ、ヒョンジン!」朴美景(パク・ミギョン) / 蓮池薫 訳

映画「マラソン」の原作。4歳の時に自閉症と診断されたヒョンジン。母親のミギョンさんはそれ以来さまざまな教育法を試み、ヒョンジンをマラソンランナーに、さらには「鉄人」と呼ばれるトライアスロン選手にまで育てあげる。自閉症という言葉はずいぶん耳にするようになったが、それぞれ人によって行動も違うだろうし、周りから一見して障害があるとはわかりにくい。そんな自閉症のヒョンジンを、周りから非難の目を受けつつも強...

「いかさま師」柳原慧

三十年前、顔を切り裂き、謎の自殺を遂げた天才画家・鷲沢絖。その妻の死体が鷲沢邸から発見される。遺産相続人として母を指名された高林紗貴は、屋敷からある絵画がなくなっていることに気づく。表紙にはラ・トゥールの名画、「いかさま師」。この名画の行方を巡って起こる、絵画ミステリー。前作もそうでしたが、最後まで展開に次ぐ展開で、ついつい勢いで読んでしまう。第一部の「表」と第二部の「裏」に分かれているのもなかな...

「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎

会社に入って、真面目に生きても無駄だと悟った高木は詐欺師になり、カード詐欺で日銭を稼いでいたが、そろそろ一攫千金、大金を稼ぎたいと考える。そんな折に、詐欺を働こうとしていた先で、別の女詐欺師が待ち構えていた。その場はなんとか逃げ切り、新たに浮かんだのは手下の園部が言い出した犬の誘拐。ところがなんと誘拐を計画した家にはあの女詐欺師・菜摘子が。協力するから半分稼ぎを分けろ…という菜摘子にしぶしぶ承諾せ...

「摘出」霧村悠康

副題「つくられた癌」2年目の研修医である本木は、手術中に右の乳癌を左と間違えるという重大なミスを犯す。執刀医の高木教授は仕方なく両方の乳房を切り、左にも乳癌が見つかったことにしてしまう。その後の病理診断の結果で、左にもごく微小の癌があることがわかり、ミスが一転、功績に変わる。しかしそれは巧妙に仕組まれた罠だった。はっきり言って恐ろしい。これが小説だったと安心できるかと言うと、必ずしもそうとはいえな...

「賢者はベンチで思索する」近藤史恵

希望の職場に就職できずに、ファミレスでバイト中の久里子、21歳。そのファミレスに週に3回はやってきていつも同じ席に座り、コーヒー1杯で何時間も粘る国枝老人。ふと立ち寄った夜の公園で、国枝老人に出会った久里子は、少しずつ会話をするようになる。ファミレスでは惚けているように見える国枝老人は、公園のベンチで話をすると、賢者へと変わる不思議な人。そして身近に隠れている事件を解決していくのだ。まったりとした雰囲...

「県庁の星」桂望実

お役所仕事ってなんて融通が利かない…って思ったこと、ありませんか?だけど役人だって必死なんです。県庁の期待の星、野村聡は民間との人事交流という新たな研修の一環で、民間の赴任先・いざ、スーパーへ!1年間の研修の末に待っているのは一つ上のポスト。しかし前途は多難。方針がまるで違うスーパーでの仕事。マニュアルもなく、いきなり放り出された野村氏の運命は?本当にうまくやっていけるのか。そもそも1年間も続けてい...

そろそろ・・・

結果はともかく、試験も無事に終わったので、そろそろ復活しなければ…。山積みの本を見ていると、ちょっと躊躇してしまうのですが、ま、地道に頑張りましょう。それにしてもPCにつながない日々が続いたので、なんとなくPCから離れる生活に慣れてしまった気が。無事に復帰できるでしょうか?...

放置気味です…

またまた放置気味です。なんだか最近たくさんの方からコメント等をいただいて、とっても喜んでおります。そしてそれに満足してしまってか、感想が滞っています。それなりに読書は続けていて、面白い本もあり感想を書きたい気持ちはあるのですが…ちょっとバタバタと忙しくて感想を書く前に疲れてオヤスミモードに入ってしまいます。おまけにお休みの日にまとめて書こう…という意気込みはあるのに、なぜかお休みがない。(泣)近いうち...

「そして名探偵は生まれた」歌野晶午

雪の山荘、孤島、館…密室トリック三部作。「そして名探偵は生まれた」「生存者、一名」「館という名の楽園で」の全3話。密室トリック三部作…は、いいけれど新作は1作だけで、あとは既刊のものっていうのがなんとなく損した気分。つまり一応後者2作品は既に読んでいた…けれど、もう一度読んでみると結構忘れていたりする。(苦笑) 表題作もなかなか面白かった。いきなり、いかにも名探偵!的な雰囲気で始まり、思わずにやり。(笑...

「六とん2」蘇部健一

前作、六とん、こと「六枚のとんかつ」。その続編ということで、「六とん2」。一瞬なんだこのタイトル?と思ったけれど、つまりはそういうことでした。(笑)オチが絵という「動かぬ証拠」のシリーズもあって、気軽に楽しめる作品集。グループA「最後の事件」「三色パンの秘密」「甘い罠」グループB「午前一時のシンデレラ」「行列のできるパン屋さん」「姿なき目撃者」「読めない局面」グループC「誓いのホームラン」「地球最後の...

「クウネルがゆく」坂崎千春

雑誌クウネルの人気キャラクター。グウタラ星に住むクウネルくん。名前のとおり、食う、寝るが大好きなクウネルくん。読んでいるとほのぼのと、のんびりした気持ちになれる。なにより共感できてしまう。(笑)食べて寝て、のんびり。ときどき、家にいながら行方不明になったり、分かるなぁ~、なんて。クウネルくんのお友達、ムクネルくんも可愛くて、なんとも良いのだ☆クウネルの本 クウネルがゆく坂崎 千春...

「夕凪の街 桜の国」こうの史代

昭和三十年。灼熱の閃光が放たれた時から十年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の魂が大きく大きく揺れた。夕凪の街、桜の国(一)、桜の国(二)の連作短編集。なんだか話題になっている作品らしい。そんなことは知らずに読んでしまう。ヒロシマの原爆。その衝撃を描いた作品だが、夕凪の街、その物語は原爆から10年後の昭和30年が舞台となっている。原爆と言う恐ろしい悲劇から生き残った平野皆実。なぜ、自分が生き残ってしまったのか...

「SAYいっぱいをありがとう」Paix2

副題「塀の中から響く歌声」なんとなくタイトルに惹かれて手に取った一冊。どうやら歌手の本らしいけれど、残念ながら私は聞いたことのない二人組。塀の中から?刑務所のアイドル??いまいちよく意味がつかめないまま、帯にある二人の笑顔に、読んでみようという気になる。刑務所や少年院などの更正施設で歌うという、「プリズン・コンサート」。「慰問」ということなら、なんとなく知っていたけれど、この二人は、そんな言葉を使...

「あおぞら」星野夏

まず書く前に約束します。絶対に飾らないことを。怖くても、すべてを書くことを。あたしの過去からこぅちゃんの死まですべて。裏切り、レイプ事件、恋人の死…。絶望の淵から生きることを選んだ一人の女性の手記。裏切りとレイプ、悲しみと苦しみに沈む彼女を救ったのは、こぅちゃんとの出会い。心惹かれる想いと、人を好きになることへの怖さ。その不安すら包み込んでくれるこぅちゃんを拒む理由はない。幸せの絶頂、そしてこぅち...

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。