カテゴリーモード [本>小説>その他 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「無痛」久坂部羊

見つめるだけでピタリと診断する医者。痛みを知らないがゆえに、度を越えてしまう殺人鬼。扱うテーマは面白く、個性的な人物がたくさん出てくるにも関わらず、それをうまくまとめられていない感じ。今までも大げさな展開だけど、思わずうなるような作品を書いていただけにちょっと残念。色々な障害を持つ者の扱いがあまりにひどく、下手すると問題になるのでは??などと気になるほど。それにしてもスプラッターシーンには、あまり...

「盗作 上下」飯田譲治 梓河人

平凡な女子高生・彩子がある日何かに憑かれたかのように勢いに乗って描きあげた作品。その見事な絵に誰もが絶賛したが、後になって盗作疑惑が浮上する。面白そうなキーワードの列挙に、ついつい手を伸ばしてしまう。内容は予想とはちょっと違っていて、普通のミステリーというよりは、ちょっと不思議な感覚が入り混じった作品。単純にとても面白かった。何が面白いのか、言葉では説明できないのだけど、どこか惹き付けるものがあっ...

「鋼の錬金術師2」映島巡 著 / 荒川弘 カバーイラスト

副題「赤きエリクシルの悪魔」鋼の錬金術師、PS2ゲームのノベライズ版。ゲームはやらないのですが、アニメは好きなので、読んでみることに。ノベライズの小説の著者がなぜか1と変わってますね。何か意味があるのでしょうか?内容は完全にオリジナルというわけではなく、原作に沿って少し変えたという程度。オリジナルも読みたい気もするけど、あんまり変えられてイメージが変わってしまうのは嫌なので、むしろこのくらいで正解かな...

「翼の折れた天使たち 海」Yoshi

オムニバス短編集。女優キャバ嬢ゴミライブチャット海の全五話。この中では「ライブチャット」や「海」などがまあまあ良かったかな。それにしても空と海、わざわざ二冊に分ける必要があったのかがちょっとわからないなぁ。どうせ分けるのなら、同じ話の別の人物視点とかの方が面白かった気がするけど、どうでしょう?翼の折れた天使たち 海Yoshi...

「翼の折れた天使たち 空」Yoshi

オムニバス短編集。ホステスコスプレスロットセレブ空の全五話。ドラマと小説のコラボ作品らしい。ドラマの方は、とくに見るつもりはなかったけど、たまたま第1日目の「セレブ」の話を見たけれど、まあまあすっきりまとまっていて悪くないかな~?という雰囲気。作品の内容も扱うテーマは悪くないと思うけど、ちょっとリアルを通り越して、逆に作り物っぽくなってきている気がしなくもない。個人的になんとなく共感?したのは「コ...

「黙過の代償」森山赳志

第33回メフィスト賞受賞作品。個人的にメフィスト賞受賞作品は気に入った作品が多いので、比較的チェックすることが多い。そして33回目がコレなのだが、なにやら宣伝がすごい。デビュー作でいきなり韓国翻訳版も同時刊行とか、国際派ハードボイルドサスペンス決定版!とか。いろんなところでこの本の紹介やら作者のインタビューみたいなのやら、見かけるのだ。しかしなぁ~ちょっとやりすぎでは?などと思ってみたり。日韓がテーマ...

「千里眼とニュアージュ 上下」松岡圭祐

千里眼シリーズの…何作目だろう?この著者の作品、いくつかシリーズがあるけれど、途中で他のシリーズと繋がり、ほとんど、どれがどれやらわからなくなりつつあります。今回は「蒼い瞳とニュアージュ」との関連あり。今までにまして、現実離れしていくというか、強引になりつつあります。でもまあ、エンターテイメントとしてはなかなか面白いかと。史上最大のIT企業が設置した萩原県。ニートと呼ばれる無職の人々や失業者たちが集...

「半島を出よ 上下」村上龍

賛否両論、いろんな意味で問題作なこの本。気になりつつも、分厚いしなぁ…と躊躇していたのだが、やっぱり話題性もあるし、と手にしてみる。舞台は約5年後、北朝鮮の9人の先遣隊コマンドが福岡ドームを占領。さらに続々と高麗遠征軍が侵略してくる。それに対し、日本のとった対応は、全国の主要都市がテロの被害に合うのを避けるため、という名目の元、福岡及び九州の封鎖をすること。あまりに無責任な対応だが、実際にこういう状...

「にぎやかな天地 上下」宮本輝

主人公の船木聖司は、何かと謎の多い老人、松葉伊志郎のもとで豪華限定本なるものを作る仕事をしている。そして他所からの依頼ではなく松葉自身が作りたいといいだした、日本の優れた発酵食品を後世に残すための本を作るため、発酵食品を求め、各地を巡り取材を始める。日本伝統の発酵食品。糠漬、納豆、くさや、熟鮨、酒、酢、味噌、醤油、鰹節など。取材を進めていくにつれ、微生物の偉大な営みに魅せられていく聖司。その一方で...

「いつか、虹の向こうへ」伊岡瞬

横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞、W受賞作品。元刑事の尾木は、魔が差して起こした事件で職を失い、家族を失い、お酒を飲み酔っ払う日々。そんなある日、ふらついて帰宅途中に一人の少女に出会う。血のつながりのない者同士の集まる奇妙な同居生活。誰もがみな不器用で、どこかさまよい続けている感覚。少女と出会ったことで忘れかけていた守るべき存在を思い出し、何を求めるわけでもなく動き出す。石渡、ジュンペイ、恭子、そ...

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。