カテゴリーモード [本>作家別>横山秀夫 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「震度0」横山秀夫

震度0ということで、地震と絡めているのだけど、内容は著者お得意の警察もの。しかも今回は長編。大規模な地震が起きている中、N県では不破警務課長が行方不明になった。一般の警察官が行方不明になったのではない。県警本部庁舎では主要幹部たちとその妻たち、それぞれの思惑が交錯する。一人一人がそれなりの立場の人間であるがゆえに、自分の立場を守りつつ、会議に挑む。それゆえに隠し事も多く、話は混乱を極める。すべてが...

「ルパンの消息」横山秀夫

他の作品は立て続けに出版されていたにもかかわらず、なかなか刊行されなかった幻のデビュー作。ファンとしては待望の一冊。警視庁にもたらされた一本のタレ込み情報。15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は殺人事件だった。しかも犯人は、教え子の男子高校生3人。そして時効まで24時間。警察小説が多い著者の作品。その片鱗を覗かせつつ、高校生からの視点という青春時代の回想もあって、とても新鮮に思えた。「...

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。