カテゴリーモード [本>絵本 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「ダヤンの不思議な毎日」池田あきこ

絵ばなしまめ劇場。最初にメインキャラクター紹介と途中にまめ知識、最後にはタシルの街の地図。紹介されているお話は、風小僧、ピノキオの左足、いちご摘み、アラルのシーボーズ、ダヤンの誕生日、スリックさんのゆううつ、の全部で6話。どこか紙芝居を連想する絵ばなし、何度観てもやっぱり可愛いです♪ダヤンの不思議な毎日池田 あきこ...

「クウネルがゆく」坂崎千春

雑誌クウネルの人気キャラクター。グウタラ星に住むクウネルくん。名前のとおり、食う、寝るが大好きなクウネルくん。読んでいるとほのぼのと、のんびりした気持ちになれる。なにより共感できてしまう。(笑)食べて寝て、のんびり。ときどき、家にいながら行方不明になったり、分かるなぁ~、なんて。クウネルくんのお友達、ムクネルくんも可愛くて、なんとも良いのだ☆クウネルの本 クウネルがゆく坂崎 千春...

「ぼく、あいにきたよ」明川哲也 作 / 児嶋サコ 画

朗読会で誰もが泣いた・・・という話題作。可愛いイラストに惹かれて手にする。テーマは児童虐待。これは虐待された子供の視点から描かれた絵本。子供は必死に母親を愛している。たとえどんな事情があって虐待をしたとしても、子供に残るのは虐待をされたその事実だけだ。虐待としつけの境界線はどこなのか。答えに出る問題ではないけれど、しつけといいつつ行われる虐待も多いはず。子供はただ、愛されたいだけ。ぜひ、子供をぎゅっ...

「ねえ、マリモ」やまだけいた 文 / さかざきちはる 絵

映画「いぬのえいが」の中の短編「ねえ、マリモ」の絵本化。すでに映画で感動したのだが、こちらの絵本もなかなか良かった。思わず周りの人達に見せて回りました。皆さん結構うるうるになっていました。ストーリーはもちろん良いのですが、絵本の良さはこの色使い。みかちゃんという女の子の気持ちが茶色で、マリモという犬の気持ちが緑で表現されていて、それぞれの絵の色と一緒で分かりやすい。犬を飼ったことがある方はとくに共...

「にちようび」もとはしさとこ

たまたまふらりと手にとってみた絵本なのだけど、これが面白い!舞台はタイトルの通り、にちようび。はじめに前置きの一文だけあって、あとは絵のみ。よく晴れた日曜日に、部屋のお掃除。その様子を淡々と描いている。しかしその絵がとても細かくて、まるでパラパラマンガのような感じにストーリーが流れていきます。メインのストーリーはもちろん、奥付の後のページもぜひチェック!周りの人に無理やりオススメ~とさんざん読ませ...

「山古志村のマリと三匹の子犬」桑原眞二&大野一興 著 / ikko 絵

新潟中越地震の時の実話を元に描かれた絵本。テレビなどでもいろいろ紹介されたようです。マリが子犬を産んだ日、夕方に地震発生。マリ自身も怖い思いをしたはずだが、生まれたばかりの子犬を守り、さらには身動きがとれず生きる希望をなくしかけていた飼い主さんを励ます。しかし村民全員避難のため、飼い主さんはマリと子犬たちを残して出て行くことに。再び迎えに来るまでの間、マリは必死に子犬たちを守り抜く。マリのあきらめ...

「こいぬのうんち」クォン・ジョンセン 文 / チョン・スンガク 絵 / ピョン・キジャ 訳

これまた「いのちの授業」の本で紹介されていた絵本です。「ぼくは、なんの役にもたたないのかなあ」 主人公は庭先に転がるちっぽけで、なきむしの、こいぬのうんち。やってきた鳥には汚いといわれるし、自分は何の役にも立たない。でも、汚いこいぬのうんちだって、春になれば・・・ついつい落ち込んで、自分の存在価値を見失ってしまうこともあるけど、誰だって必要な存在なんだってこと。それぞれにいろんな形や色や中身があって、...

「くまのこうちょうせんせい」こんのひとみ 作/ いもとようこ 絵

先日読んだ「いのちの授業」の大瀬校長をモデルに描かれた絵本。いつも明るく挨拶をしてくれる、くまのこうちょうせんせい。でも恥ずかしがり屋のひつじさんは、なかなか大きな声で挨拶が出来ません。そんなある日、くまのこうちょうせんせいは病気になって入院してしまいます。病気で大きな声も出せなくなってしまったくまのこうちょうせんせいは、愛する子供たちと少しでも一緒の時間を過ごしたい!そんな思いで、病院から学校に...

「わすれられないおくりもの」スーザン・バーレイ 文・絵 / 小川 仁央 訳

先日読んだ「いのちの授業」という本の中で紹介されていた絵本です。皆に慕われ、尊敬されていたアナグマが亡くなった時、遺された者はどう過ごすのか。誰もが避けることの出来ない、「死」という現実を受け入れていく。そこに描かれているのは、切ないけれど大切なこと。子供から大人まで、幅広い世代にオススメできる絵本です。わすれられないおくりものスーザン・バーレイ 小川 仁央...

ご挨拶

本と映画と気まぐれに☆
訪問ありがとうございます。
ゆっくりしていってくださいね☆
あと気軽にコメントをお願いします。
それを励みに頑張りますので!
TBも大歓迎です。気軽にどうぞ☆

このブログを登録☆ by BlogPeople

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

  • 管理人:永遠

  • ひたすら読書と映画鑑賞の日々。
    当初の予定とは違い、
    気がつけば本の感想のみに
    なってしまいましたが、
    地道に更新していきますので、
    どうぞよろしくです☆
  • 管理人サイト
    永遠へと続く夢のカケラ


  • 管理者ページ

検索



サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。